忍者ブログ
私33歳結婚暦4年。夫の消費者金融や闇金などの借金が発覚しました。弁護士に依頼して任意整理を始めたのですが大変です。
-material by whim+
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/16 miu]
[09/04 ひつじ]
[09/02 santoku村山]
[08/27 マルコメ亀田]
[08/26 nishi]
プロフィール
HN:
sachi
性別:
女性
職業:
出版社勤務
趣味:
音楽鑑賞 読書
自己紹介:
sachi33歳 結婚暦4年 子供なしです。
夫の借金と浮気に泣かされています。
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きのう、夫が50万貸したと思われるキャバクラ嬢の家に押しかけてきました。
目的は、浮気確認じゃなく借金の取り立てです(笑)

金曜の夜、夫に「借用書と免許証などのコピー出しなさいよ。明日家まで行って話しつけるから」と言うと、「なんで? 俺が返してもらってくるよ」と言い返すので、「あなたがお願いしても返してもらえないから私が行くんじゃない。行方不明とか言っているけどあなたが言い切らないだけでしょう!! 私が行く。ださないのならあなたの実家にすべて話しをして、即離婚です」と大きな声で言うとしぶしぶ持ってきました。

住所をgoogleで調べ、メールを印刷して次の日に備えました。
私の思いは一括で返してもらうこと。それ以外考えていませんでした。
ついでに寝る前にスカパーで録画した「ミナミの帝王」を見て、トークを勉強していました(笑)

さて、次の日若い子に負けまいと(笑)念入りに化粧し家を出ました。夫はそわそわして朝食も食べれないみたい。行かれて話をされると何か困ることがあるみたいですね。

まずは電車に乗り、地図を見ながらマンションを探しました。
「あった! このマンションだ!」 お金がないということを言いながらもいいマンションに住んでいるじゃない。
オートロックで、中に入れない! しかしここでチャイムを押して話をしても絶対に自動ドアを開けないだろうと思ったので、誰か出てくるのを待ち、開いた瞬間に入ろうと思いました。

20分後、ちょうど住人の方が出てきて自動ドアが開いたので中に入りました。第一関門突破です。
そしてエレベータに乗り部屋の前に来ました。
ちょっとドキドキ! ちゃんと話せるだろうか? 不安でしたが開き直ってドアをドンドンたたきました。
「●×さーん 回覧でーす」  嘘ばっかり!!
するとドアが開き、髪の長い、幸薄そうな顔が出てきました!!

「私、●●の妻です。借金のことでお話が・・・」
思わせぶりじゃないんだけど、これから実家に帰ってくるので続きはあとからね。

なおこの話はノンフィクションです。  最近、なんかすべてを楽しんでいる私です。
PR
証人喚問が終わり、ベッドの中に入りましたがなかなか寝付けません。

「マンションを買って2年も経たないというのに大きな借金を作りやがって」という憤りと今後の生活の不安もありましたが「借金」の事実よりも「浮気」の疑惑が私の頭の中の90%を占めていたように思います。

なぜ「浮気」を疑っているのか?  ベッドの中で思い当たることを考えてみました。

その1  帰りが遅い
その2  帰宅早々風呂に入る
その3  日曜日に「ちょっとコンビニ行ってくる」と言って30分くらい一人で外出するようになった(相手に電話?)
その4  財布を私の目の届かないとこに置き出した
その5  携帯電話の着信音をOFFにして、1時間に2回以上は着信やメールを確認している

他にも思い当たることはありましたが、傑作だったのが私の帰りが遅くなって先に夫が帰っていたのですが、リビングのドアを開けたら、夫がテレビの前で私が毎日の日課にしている田中宥久子先生の造顔マッサージ をDVDを見ながら行っていたのです。 
どうりで最近マッサージクリームの減りが早いと思いました。
「いや ちょっと興味があったので・・・」とか言っていましたが今考えれば、顔を引き締めようとしていたんですね。
アホだ・・・(笑)

話は戻りますが、夫と愛人(まだ証拠はつかんでいませんが)が楽しんで作った借金を私は払う気もないし、節約しようとも思っていません。

翌朝、眠そうな顔をして会社へ行きました。

その夜 2回目の証人喚問&会議が開かれました。
sachiです。

前回の続きですが、夫は小さくなってリビングに入ってきて正座したかと思うといきなり土下座ポーズで「申し訳ない!! 他にも借金がいっぱいあるんだ。許してくれ。別れないでくれ。」と泣きながら謝ってきました。

謝られてもね~  内容がわからないと対処したくても出来ないし・・・

「で、いくらあるの? 内容を全部書いてください。それと今日の電話の相手はやくざでしょう? まともな会話が出来なかったわよ」と言うと 「闇金なんだ。昨日が返済日だったんだけど払うお金がなくて・・・ 会社にも電話があったみたいなんだ」とヒクヒク声をあげながら言いました。

「さあ 借金の内容を全部書いて!!」冷静さを保ちながらも私の声は震えていたみたいです。

さて、借金の内容ですが、

クレジットカード  50万
クレジットカード  80万
消費者金融A社  50万
消費者金融B社  50万
消費者金融C社  50万
消費者金融D社  30万
消費者金融E社  20万
闇金A         3万
闇金B                      2万
闇金C         2万

後述しますがこれより他に2件40万あとで発覚します

月々の支払いにすると消費者金融 クレジットカードだけで毎月12万。
闇金は、10日で4割と言うことらしいので1ヶ月に直すと84000円

「よく、今まで支払いできたわね。小遣いでは支払いできないでしょう?」と聞くと
2件は浪費で使ったということでしたが残りは返済のために借り入れをしたと言うのです。

「何に使ったの? 私はマンションのローンが大変なので節約しているというのに。」

「接待・・・」 と小さな声で言うのですが、どうも怪しい。

それから徹夜で取調べが始まったのでした。

つづく
忍者ブログ [PR]